日枝神社で安産祈願♪腹帯とお守りの料金は? 【東京都千代田区】

スポンサードリンク
   
日枝神社
Pocket

日枝神社の神様のお使い「御神猿」


東京はオフィス街のど真ん中の千代田区にあるのが今回紹介する日枝神社
道を挟んだ隣には衆議院の議員会館があるぐらいに都心ですので、アクセスは非常に良いのが特徴ですね。

そんな日枝神社は、江戸時代には将軍世嗣・お子様の出産の折には、「無事出産」を祈祷する場所として栄えていたそうです。

その安産祈願の信仰は今なお盛んで、現在も多くの妊婦さんが安産祈願に訪れているようです。


日枝神社とは・安産祈願の由来と歴史


日枝神社の神様のお使い「御神猿(ごしんえん)」御猿像は、ご祭神である大山昨神の使いとなっていた猿のことで「猿が去る」ということから「まさる」と呼ばれて信仰されているそうです。

また、猿自身が犬とともに分娩の軽い動物として、これにあやかる信仰があり、この由来から日枝神社は安産祈願の場所として有名になっていったのです。



日枝神社の腹帯とお守りの料金は・・・


日枝神社での安産祈願のご祈祷は「10000円~」です。
午前9時~午後4時半まで常時ご祈祷をしているそうです。

授与品やお守りとしては

  • まさる守土鈴:初穂料 1,200円
  • 腹帯:初穂料 5,000円
  • お札立て:初穂料 500円
  • 安産錦守:初穂料 700円



があるようです。

基本的に好立地な日枝神社ですから、戌の日などは混みあうかもしれません。
気になる方は一度問い合わせをしても良いかもしれませんね。




日枝神社の地図・マップ





日枝神社の詳細情報(駐車場・アクセス・初穂料)


正式名称
日枝神社
住所
〒100-0014
東京都千代田区永田町2-10-5
電話番号
03-3581-2471
初穂料
10000円より
電車のアクセス
●地下鉄千代田線国会議事堂前駅(出口5)徒歩5分
●地下鉄(銀座線・南北線)溜池山王駅(出口7)徒歩3分
●徒歩でおいでのお客様→にそってお進み下さい。
車のアクセス
●首都高速霞ヶ関インターより5分
駐車場
駐車場完備
山の上にはお車で登ることができます。

Pocket

スポンサードリンク
にほんブログ村 マタニティーブログ 出産準備へ にほんブログ村 マタニティーブログ マタニティー情報へ

関連記事

おすすめ記事

  1. 2015 戌の日 平成27年
    2015年度の戌の日カレンダー♪大安と祝日と重なる日は? 2015年度(平成27年度)の安産祈…
  2. 2016年度(平成28年度)
    2016年度(平成28年度)の戌の日カレンダー♪大安と祝日と重なる日は? 2016年の戌の日で…
  3. 腹帯(岩田帯) 人気ランキング
    人気の腹帯(岩田帯)口コミ・評判 日本の伝統行事である安産祈願の帯祝い。 そんな帯祝いで使わ…

カテゴリー

妊娠線クリーム

ページ上部へ戻る