早馬神社で安産祈願♪腹帯とお守りの料金は?【宮城県気仙沼市】

スポンサードリンク
   
早馬神社 安産祈願
Pocket

安産・子育ての神として信仰されてき「早馬神社」の口コミ・評判は?


宮城県気仙沼市の早馬神社(はやまじんじゃ)は建保5年(1217年)に鎌倉武将 梶原景時の兄である梶原景実(かげざね)により創建され、古くから「早馬さん」「権現様」と称され、安産・子育ての神として信仰されてきました


早馬神社を創建した鎌倉武将 梶原景時公の兄である梶原景実(『吾妻鏡』では専光房良暹)は、鎌倉幕府初代将軍 源頼朝公の命により鎌倉若宮(鶴岡八幡宮)の宮司に迎えられ、景実は源頼朝公の直々の命により、夫人である政子(北条政子)の安産祈願を執り行う中、政子は無事、男子(二代将軍源頼家公)を出産しました。


 源頼朝公の死去、梶原景時親子の失脚により鎌倉を離れ、宮城県気仙沼市へ北上し、早馬神社を創建しましたが、早馬神社創建初代が北条政子の安産祈願を執り行い、安産であった史実に由来し、古来より安産祈願・子育てに御利益ありといわれております。


境内には「撫で馬」があり、参拝者は「早く・うまくいくように」と願いを込めて馬の頭とお腹を撫で、無事の出産と安産への願いを込めます。


御祈祷のお下がりとして腹帯、御神札(おふだ)、桐箱入りお守り、撤饌を授与しております。

腹帯をご持参くだされば、あわせてお祓いいたします。



早馬神社の安産祈願の腹帯とお守りの料金は・・・


祈願受付は午前9時~午後4時まで
安産祈願は予約をお奨めしております。

安産祈願を受けた方には特別謹製のオリジナル腹帯・桐箱入りお守りを授与

初穂料は5千円からご志納。

〈ホームページ〉

http://hayama.jinja.jp

〈フェイスブック〉

https://www.facebook.com/hayama.jinja/


早馬神社の地図・マップ





早馬神社の詳細情報(駐車場・アクセス・初穂料)


正式名称
早馬神社
住所
〒988-0534 宮城県気仙沼市唐桑町宿浦75
電話番号
0226-32-2321
初穂料・玉串料

ご祈祷料 5000円から
電車のアクセス
-
車のアクセス
三陸自動車道唐桑南ICより車で15分
駐車場
境内の参拝者駐車場あり 50台

Pocket

スポンサードリンク
にほんブログ村 マタニティーブログ 出産準備へ にほんブログ村 マタニティーブログ マタニティー情報へ

関連記事

おすすめ記事

  1. 2016年度(平成28年度)
    2016年度(平成28年度)の戌の日カレンダー♪大安と祝日と重なる日は? 2016年の戌の日で…
  2. 2015 戌の日 平成27年
    2015年度の戌の日カレンダー♪大安と祝日と重なる日は? 2015年度(平成27年度)の安産祈…
  3. 腹帯(岩田帯) 人気ランキング
    人気の腹帯(岩田帯)口コミ・評判 日本の伝統行事である安産祈願の帯祝い。 そんな帯祝いで使わ…

カテゴリー

妊娠線クリーム

ページ上部へ戻る