画像一覧:妊娠線が出来たお腹の画像例【妊娠線対策】

スポンサードリンク
   
Pocket

画像で確認!妊娠中から妊娠線予防しましょう!


妊娠中ママの頭の中は生まれてくる赤ちゃんの事でいっぱい。
それはそれでいいのですが、頭の片隅に入れておかないといけないのが「妊娠線対策」です。

というのも先輩ママたちがこの妊娠線対策を怠ったばかりに超後悔しているからです。
妊娠線(ストレッチマーク/肉割れ線)というものは出来てしまうと消すことが非常に難しく、事前にどれだけ予防対策出来るかにかかっています




安産祈願を行う妊娠5か月目あたりから対策をしていくのが丁度いいとされ、多くの方が安産祈願の時期と同じくして妊娠線対策を始めているようです。

そんな妊娠線対策ですが、前述のとおり出来てしまうと消すことが非常に難しいのが特徴です。
百閒は一見にしかず、妊娠線が出来てしまった方の画像をご紹介していきますのでぜひともチェックしてみてください。


画像その1:シワシワひび割れタイプの妊娠線(ストレッチマーク/肉割れ線)


妊娠線01
写真を見て分かる通り、大きくなったお腹が一気にしぼんで出来るような妊娠線(ストレッチマーク/肉割れ線)です。ひび割れてしまっているので跡が残りやすく、消すことが困難です。


画像その2:紫アザタイプの妊娠線(ストレッチマーク/肉割れ線)


妊娠線02

大きくなったお腹に皮膚が伸び切らずに紫アザになったタイプです。
このまま放置すると前述のひび割れタイプになることも。こうなる前に対策をすることが望ましいです。



>>「出産後に悩む前に」いまならたったの500円


画像その2:ひび割れタイプの妊娠線(ストレッチマーク/肉割れ線)


妊娠線03
非常に多いひび割れタイプの妊娠線(ストレッチマーク/肉割れ線)。
お腹が大きくなって皮膚が伸びている状態で保湿を怠るとこういったひび割れができやすくなるようですね。

妊娠期間中のお腹の保湿は妊娠線対策のもっとも重要なことといって良いでしょう。



画像のようなお腹になるのは貴方かもしれません。


そう、このような画像の妊娠線はお腹が大きくなった妊婦さん、すべてに発生する可能性があるのです。
後悔する前に、安産祈願を行うような出産前の時期からしっかりと妊娠線ケアを行うのが重要です。

まずはお腹にしっかりと予防クリームを塗ってしっかりと保湿することから始めましょう。


おススメは超優良コスパの「ベルタマザークリーム」




そんな大事な妊娠線予防ですが、なんといっても大事なのはお腹の保湿です。
だからこそ、一番効果的なのが専用の妊娠線予防用の保湿クリーム。


大きくなったお腹が皮膚を伸ばしても、保湿で潤った皮膚ならひび割れが起こりにくく、妊娠線の発生を防ぐ効果が高いからです。


ネット上には多くの種類の妊娠線予防用の保湿クリームがありますが、最も人気で効果が高いのが「ベルタ妊娠線クリーム」です。

たまごクラブ等でも紹介され、とっても信頼できるブランドであり、なんといっても初回が92%OFFで購入できてしまうという超優良コスパな点も見逃せません。


正直、妊娠線が出来てしまった後にクリニックで消そうとすると数十万は吹っ飛びます。
出産後に悩む前に、今のうちにサクッとお手軽に妊娠線ケアをしましょう。


なお、妊娠線ケアは安産祈願の頃(妊娠5か月前後)までに始めないとNGです。
画像を見て、

こんなお腹になりたくないな・・・
こんなお腹で子供とプールに行きたいくないな・・・
旦那に見られたくないな・・・

と思ったら、悩む前に超優良コスパの「ベルタマザークリーム」を塗るところから始めてみてはいかがでしょうか。




>>「出産後に悩む前に」いまならたったの500円




>>産んでからでは遅い!?


Pocket

スポンサードリンク
にほんブログ村 マタニティーブログ 出産準備へ にほんブログ村 マタニティーブログ マタニティー情報へ

関連記事

おすすめ記事

  1. 2016年度(平成28年度)
    2016年度(平成28年度)の戌の日カレンダー♪大安と祝日と重なる日は? 2016年の戌の日で…
  2. 2015 戌の日 平成27年
    2015年度の戌の日カレンダー♪大安と祝日と重なる日は? 2015年度(平成27年度)の安産祈…
  3. 腹帯(岩田帯) 人気ランキング
    人気の腹帯(岩田帯)口コミ・評判 日本の伝統行事である安産祈願の帯祝い。 そんな帯祝いで使わ…

カテゴリー

妊娠線クリーム

ページ上部へ戻る